部活動保護者会の会長職の任期を乗り切るための情報サイト

保護者会名義の口座をゆうちょ銀行で作るためには?

子どもの部活の保護者会では、保護者会名義の口座をゆうちょ銀行に持っていると聞きました。「○○保護者会 代表 日本花子」ではなく「○○保護者会」というように、代表者の個人名を含まない、団体名義の口座を開設できるんですね!今年度役員を務めるための知識として、保護者会名義の総合口座の開設・代表者変更に必要な書類について、郵便局で教えていただきました。その内容をメモしておきたいと思います。

はじめに

以下の内容は、2018年4月時点の情報です。

口座開設・代表者変更に必要な書類

必要な書類は以下のとおりとのこと。

団体を名義とする総合口座の開設に必要な書類

      1. 総合口座利用申込書
      2. 口座に登録する印章
      3. 団体の規約等
        (「団体の代表者の証明(※1)」があるもの)
      4. 団体の設立年月日が確認できる補足資料
        (3.の規約で確認できる場合は不要)
      5. 口座に設定する代表者の本人確認書類
      6. お取引目的等の確認のお願い
        (法人等のお客さま)
      7. 支部の名称・所在地が確認できる書類
        (支部で申し込む場合)
      8. 名簿(※2)
      9. 団体の活動実績が分かる資料

※1 団体の代表者の証明とは、「記載内容が事実と相違ない」旨を記入のうえ、「代表者の住所氏名」を記入し、「代表者の印章」を押印することを指す。
※2 「団体の規約等」で3名以上の構成員の氏名が確認できる場合は不要。構成員は3名以上必要とのこと。

団体を名義とする総合口座の開設のために準備していくもの

「1.総合口座利用申込書」
「6.お取引目的等の確認のお願い(法人等のお客さま)」

は郵便局にあるので、

「3.団体の規約等」
「4.団体の設立年月日が確認できる補足資料」
「8.名簿」
「9.団体の活動実績がわかる資料」

を用意して、窓口に来てくださいとのことでした。

団体が存在することがわかる資料を用意することがポイントのようです。

窓口で手続きをするのは誰?

団体の代表者でなくてもいいそうです。会計の役員でもよいとのことでした。

「団体の規約等」の例

上記の「3.団体の規約等」の例を、郵便局で頂きました。その内容を紹介させていただきます。「3.団体の規約等」には、下記例の ~ は必須とのこと。

人格なき社団の規約の例

上記の「3.団体の規約等」の例を、郵便局で頂きました。その内容を紹介させていただきます。「3.団体の規約等」には、下記例のは必須とのこと。

ゆうちょ小学校PTA父母会規約

第1条 (名称)
この団体は「ゆうちょ小学校PTA父母会」(※1)とする。

第2条 (所在地)
この団体の所在地を次の所在地に置く。
東京都千代田区霞が関1-3-2 (※2)

第3条 (目的)
この団体はゆうちょ小学校におけるPTA活動をすることを目的とする。

第4条 (構成員) (※3)
この団体の構成員はゆうちょ小学校に在籍する生徒の父母をもって組織する。

第5条 (役員)
この団体に次の役員を置く。
・代表者 1名
・副代表 1名
・会計 3名

第6条 (運営)
団体は諸問題が発生した場合は、臨時会議を開催して審議を行い、その議事は出席者の過半数の同意をもって決定する。

第7条 (財務)
活動に必要な資金については、会計が適正に管理を行い、毎月定期に代表者の閲覧を受けるものとする。

第8条 (改正)
この規約は、会員の過半数をもって改正することができる。

第9条 (設立年月日)
本会の設立年月日は平成21年10月1日とする。

第10条 (規約施行日)
本会則は平成22年4月1日より施行する。

 この規約の記載内容について事実と相違ないことを証明します。
東京都千代田区霞が関1丁目8-1
代表者 郵貯 太郎  (印)   (※4)

※1 団体の名称
団体の名称を、口座の名義にする。上の例の場合、口座の名義は「ゆうちょ小学校PTA父母会」にする。

※2 団体の所在地
・ゆうちょ銀行から郵便物が届く場合がある。その宛先になる住所を記入する。このため、学校の部活の保護者会の場合、学校の住所にすべきではないとのこと。学校の住所にしてしまうと、学校に保護者会宛の郵便物が届いてしまうため。
・団体の所在地の住所を「代表者宅に置く」「会計宅に置く」等の理由で特定できない場合は、「8.名簿」など住所を確認できる資料が必要とのこと。

※3 団体の構成員
少なくとも3人は必要とのこと。

※4 団体の代表者の証明
・「記載内容が事実と相違ない」旨を記入のうえ、「代表者の住所氏名」を記入し、「代表者の印章」を押印する。
・ワープロ書きでもOK。
・証明年月日の記載は任意(上の例では記載なし)。
・「団体の代表者の証明」をできるのは、団体の代表者だけあり、会計はできない。
・代表者が変更になった場合は、新しい代表者が「団体の代表者の証明」を再度する必要がある。

「団体の代表者」=「口座の代表者」?

かならずしもそうではなくてよいようです。口座を主に使う人を、「口座の代表者」に設定できるとのこと。その場合、「1.総合口座利用申込書」の「おところ」欄に、役職名・肩書と氏名を記入するのだそうです。

「おところ」欄の記入例

団体名:「ゆうちょ小学校PTA父母会」
代表者:郵貯太郎さん
会計担当者:郵貯次郎さん(東京都千代田区霞が関1-3-2)
郵便物の届け先(=団体の所在地):会計担当者宅

である場合、「1.総合口座利用申込書」の「おところ」欄には、下記のように記入すればいいそうです。「1.総合口座利用申込書」は窓口にあるので、事前に記入してこなくても大丈夫。窓口で確認しながら記入してもらえば大丈夫ですよ、とのことでした。

→ 東京都千代田区霞が関1-3-2
会計担当者 郵貯次郎

以上が、私が郵便局で教えていただいた内容です。
詳細は郵便局にお問合せくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA





カテゴリー